LOADING...

JR吹田駅徒歩2分の歯科医院

tel.06-4860-0648おーむしば
MENU

痴呆症になりたくないなら2021.10.27

痴呆症になりたくなければ歯を守りなさい

この言葉は認知症専門医の医者である
長谷川先生の言葉です。

歯科の先生ではなく、医科の認知症専門医の
先生が発言されてます。

歯の本数と認知症の発症は関係があります。

歯には歯根膜といういろいろ感知したり
クッションの役目を果たす膜が根っこのところに
存在します。
人は噛むたびにその歯根膜から血液が
出て、血流を促します。
この血流がピュッと脳に刺激を与えます。
それにより、脳は噛むことにより刺激を受けて
活性されます。

この数mlの血流が一本失うことにより
激減して本数が多ければそのぶん、
血流はとまり、脳への刺激が減ります。

すると認知症が進行してしまいます。

35歳以上になると、若い時と同じお口のケアでは
歯を守れません。
歯科医院にて、プロのお掃除を受けてる方には
認知症の発症は低いとされてます。

数ヶ月に一度のお手入れを、
ご自身の体を守るために
しっかり受けていきましょう。

おかもと歯科医院
吹田
元町
歯医者
虫歯
入れ歯
歯周病

PAGETOP
ネット予約RESERVE 電話番号