LOADING...

JR吹田駅徒歩2分の歯科医院

tel.06-4860-0648おーむしば
MENU
ネット予約はこちらから お電話でのご予約はtel.06-4860-0648

審美歯科ESTHETIC

銀の詰め物やかぶせ物は良くないの?

銀の詰め物やかぶせ物は良くないの?

日本での保険内の診療では銀の詰め物やかぶせ物が多く、白いかぶせ物でも材質がプラスチックになります。
この二つは良くないのでしょうか困った顔見た目だけの問題??
いいえ、見た目だけではありません。
銀は金属ですので常にイオン化という状態にあります。
このイオン化の状態は虫歯や歯周病の原因となる細菌を呼び寄せてくっつきやすくしてしまいます。
またもちろん見た目も、銀歯は少し距離を置いてみると歯が抜けたように見えてしまいます恐怖

銀の詰め物やかぶせ物は良くないの?
では白いプラスチックはどうでしょうか。
皆様もお皿を洗ったことはあると思います。
プラスチックのお皿は、陶器のお皿と比べて油汚れがなかなか落ちないのを感じたことはありませんか。何回も洗剤をつけた覚えはありませんか。
また、ちょっと汚い話ですがトイレもプラスチックでできた簡易トイレよりお家にある陶器でできたトイレの方が汚れにくいです。
さらに、プラスチックは大変傷がつきやすい材質でもあり色の着色もしやすく、どんどん変色してしまいます。
つまり、世の中の汚れが溜まりやすいところにはプラスチックより陶材が使われているのです。

歯にかぶせるものの材質は丁寧に説明させていただきます。

口腔は体の入り口で色んな食べ物が毎日入り、温度差も激しく細菌も多く、大変厳しい環境の器官となります。
このような理由で当院としては少しでも汚れにくい材質をお勧めいたしております。

見た目だけの問題ではなく、歯をなるべく長期に保たせることを目的にしています。
当院では患者様の大切な歯にかぶせるものの材質を丁寧に説明させていただきます。
365日、休むことなく毎日使うご自身の歯についてじっくりお考えください。
患者様がご納得されるまでは何度も説明いたしますにっこり

PAGETOP